https://eurek-art.com
Slider Image

ガラス吹きについての楽しい事実

2022

吹きガラスは家庭用品と同様に芸術を作成するのに使用されています。

ガラス吹きは、何千年も前に発明された古代の芸術であり、今日もなお実践されています。 ガラスの吹き込みは機械では行えず、熟練した職人によって行われなければならない。 ガラス瓶および他のガラス製品の現代の製造業者はガラス材料のために同じレシピを使用するが、彼らはガラスを手で吹く代わりにガラスを成形するためにしばしば機械および型を使用する。 ガラス吹きに入るスキルと職人技のレベルはそれをより高価で時間のかかるプロセスにします。

歴史

ガラス吹きの芸術は、書籍ガラスによると、約2000年前に中東で始まった。 中東のガラス製造業者がガラスを形作るのに使用した金属の管を作成したときにガラス吹きは発明されました。 この技術は、私たちが今日持っている透明で半透明のガラスを作り出しました。 それまでは、ガラスは主にガラス素材を研削および鋳造することによって製造されていたため、不透明な陶器のようなガラスが生まれました。 ローマ人はガラス製造技術を採用し、彼らの広大な帝国でそれを大いに使用しました。 ジョン・スミス大尉がジェームズタウンの植民地にガラスを作るためにヨーロッパからガラスの送風機を持ってきたとき、ガラスを作る技術は新世界にやって来ました。

技術

今日使われている道具とガラス吹きのテクニックは何千年も前に使われていたものと同じです。 ガラスメーカーはガファーとして知られています。 コーネル材料研究センターによれば、Gaffersは古代エジプト人によって発明されたレシピを使ってガラス材料を作ります。 このレシピは石灰、砂とソーダ灰を含みます。 成分は一緒に混合され、それらが液化するまで加熱される。 ガファーはそれからブローパイプとして知られている金属管の端を熱い液体ガラスに挿入して、ガラスが端に集まるようにそれをまわりにねじります。 ガファーがチューブに吹き込み、ガラスの泡を作ります。 泡は花瓶、彫刻またはボウルに形作られて、冷却して固まるのを許されます。

用途

ボウルや水の容器のほかに、ローマ人はまた吹きガラスの長い部分を切断して平らにすることによってガラス窓を作るために彼らのガラス吹き技術を使いました。 ガラスの本によると、ガラス窓の残りはポンペイの古代ローマの町で発見されました。 ローマのガラス窓は、ルネッサンス時代の教会、大聖堂、城にガラス張りの技法を使って鮮やかな色のステンドグラスの窓を作ることをヨーロッパの人々に促しました。 手作りのガラスを製造するのにかかる費用、技術および時間のために、今日製造されているほとんどの手作りのガラスは高価なランプ、シャンデリア、ガラス宝石類、花瓶および芸術で使用されている。

独占

ヴェネツィアのムラノガラスは、最も有名な吹きガラスの一種です。 ベニスのガラス製造業者は、ガラスを金の糸で通したり、ガラスから模造宝石を作ったり、結晶ガラスを作ったりするなどの秘密のガラス吹き技術のため、何世紀にもわたり吹きガラス取引を独占していました。 1286年に、ヴェネツィアの元首は、この都市のガラス製造産業をムラーノ島に移し、ベネチアの秘密のガラス吹き技術を守りました。 やがて他の国々がより新しいガラス吹き技術を開発し、それがムラノ独占を終結させた。

偽ゴールドロープチェーンの作り方

偽ゴールドロープチェーンの作り方

引込められたストレージリネンクローゼットを構築する方法

引込められたストレージリネンクローゼットを構築する方法

なぜ私はハロウィーンの気になる側が祝われるに値すると思う

なぜ私はハロウィーンの気になる側が祝われるに値すると思う